Intel ISEF 2019 日本代表団 フェニックスに無事到着 ピンバッジ交換会で各国の代表と交流

Intel ISEF(国際学生科学技術フェア)2019が、米国アリゾナ州フェニックスにて5月12日から17日(現地時間)にかけて開催されます。本大会に出場するファイナリスト21名は無事に現地に到着しました。ファイナリスト同士もかなり打ち解けた様子が見られ、彼らの期待に満ちた表情はとても頼もしいものでした。

ファイナリストは、Intel ISEF 2019の会場であるフェニックス・コンベンションセンターに到着。大会の規模に圧倒されつつもポスターのセットアップを開始しました。

その後、ファイナリストたちはウェルカムイベントであるピンバッジ交換会に参加。法被を着て日本をアピールしながら各国の代表と英語で会話し、ピンバッジや様々なお土産、連絡先などを交換して親睦を深めることができたようです。中には150個以上のピンバッジをすべて交換しきったというファイナリストもいました。交換会の前は長旅とポスターセットアップの疲れが表情に出ていましたが、終了後には非常に満足した楽しそうな表情で戻って来てくれたのが印象的でした。

明日は各々でポスターセットアップの続きを行い、夜にはオープニングセレモニーが開催されます。

 

日本サイエンスサービスでは開催期間中、現地プレスルームより、毎日インターネットを通して日本代表の最新の情報をお伝えしています。Twitter(https://twitter.com/npo_nss)とInstagram(https://www.instagram.com/npo_nss/)では、写真を交えて現場の様子や情報等をリアルタイムに配信をしておりますので、そちらも御覧下さい。

Team Japan leave for Intel ISEF 2019 on May 12th, JST

On May 12, 2019, MST, Intel International Science and Engineering Fair (Intel ISEF) 2019 begin in Phoenix, Arizona. It will last for 6 days, until May 17, MST. Including finalists research presentation, many events are planned, and most of them are focused on international communication among the finalists.

 

From Japan, 22 finalists, 12 projects who won the national competition; Japan Science and Engineering Challenge (JSEC) and Japan Students Science Awards (JSSA), are sent on Intel ISEF 2019.

 

【ANIM011T Animal Science】

Finalists: Rintaro Mori, Tazuru Kobayashi, Akito Yoshida

School: Yasuda Gakuen Junior and Senior High School

Project title: Adaptive significance of the experimentally obtained diploid male fertility in the Japanese bumblebee Bombus ignites with complementary sex determination

 

【ANIM015T Animal Science】

Finalists: Yuma Okamoto, So Tsukamoto

School:  Shizuoka Prefectural Kakegawa-Nishi High School

Project title: Bird Environmental DNA from the Air

 

【ANIM016T Animal Science】

Finalists: Yui Tamada, Ayana Miyazaki, Haruka Hinami

School: Nagasaki prefectural Nagasaki Nishi High School

Project title: Novel Subtle Acoustic Communication: Successful Elucidation of the Cryptic Ecology of Runner Plant Bugs (Hallodapus spp.) with Emphasis on Their Stridulatory Mechanisms

 

【ANIM021 Animal Science】

Finalist: Yuko Nakano

School: Misono Junior high School

Project title: Reproductive strategy for a surf clam, Chion semigranosa (Dunker) accumulating in the intertidal zone of exposed sandy beach in summer in Tsu, Mie Prefecture, Japan

 

【BCHM009T Biochemistry】
Finalists: Hayato Shoyama, Momoko Hayashida, Shintaro Yamamoto

School: Fukuoka Prefectural Meizen High School

Project title: Discovery of a Remarkable Oscillatory Color Change in the Iodine Starch Reaction during the Early Stage of Acid Hydrolysis of Potato Starch

 

【CHEM012 Chemistry】

Finalist: Miu Muto

School: Shibaura Institute of Technology Kashiwa Junior and Senior High School

Project title: Formation of Large Sized Aragonite Crystals by Using Gel Method

 

【EAEV016 Earth and Environmental Science】

Finalist: Aihisa Kamijo

School: Matsumoto Fukashi Senior High School

Project title: Long-term visual monitoring revealed importance of sea wind in causing sudden showers in Japanese mountain basin

 

【MATS014 Material Science】

Finalist: Taito Tanaka

School: National Institute of Technology, Yonago College

Project title: Development of the Gypsum Board Materials Containing Eggshell Aiming at the Solution of Sick Building Syndrome

【PHYS017 Physics】

Finalist: Rinka Kai

School: Hiroshima Prefectural Fuchu High School

Sound velocity in corrugated pipes

 

【PHYS019T Physics】

Finalists: Ryotaro Ishiko, Yuta Koshobu, Keita Watanabe

School: Hiroshima University High School

Project title: Making Microbubbles with Spiral Method

 

【PLNT014 Plant Science】

Finalist: Minori Mori

School: Meikei High School

Project title:Development of the Lucky Clover: Effects of Phosphate and Auxin on the Number of Leaflets in White Clover

 

【ROBO016 Robotics and Intelligent Machines】

Finalist: Sean Ishiyama

School: Meihokan High School

Project title:  Extension of the disease detection method of lung using deep learning with visualization

 

*Finalists School Data is based on the information in December 2018

 

NSS will provide you the breaking news of Team Japan from Phoenix. Check our Twitter (@npo_nss) and Instagram (@npo_nss) to catch up with the latest photos of Japanese Finalist.

 

日本語

Intel ISEF 2019日本代表団が日本時間12日に米国アリゾナ州フェニックスに向け出発

Intel ISEF (国際学生科学技術フェア) 2019が、米国アリゾナ州フェニックスで現地時間12日に開幕されます。大会は17日まで6日間の日程で開催。開催期間中は研究の審査だけでなく、世界中のファイナリスト達と交流することを目的とした数多くのイベントが開催されます。

 

Intel ISEF 2019には、日本国内の提携フェアである、高校生科学技術チャレンジと日本学生科学賞で選抜された、以下の21名、計12プロジェクトが日本代表として参加します。

 

【ANIM011T 動物科学部門】

ファイナリスト:森凛太郎・小林達・吉田昭音

所属:安田学園高等学校

プロジェクト名:Adaptive significance of the experimentally obtained diploid male fertility in the Japanese bumblebee Bombus ignitus with complementary sex determination

 

【ANIM015T 動物科学部門】

ファイナリスト:岡本優真・塚本颯

所属:静岡県立掛川西高等学校

プロジェクト名:Bird Environmental DNA from the Air

 

【ANIM016T 動物科学部門】

ファイナリスト:玉田結唯・宮崎文那・日南瑶

所属:長崎県立長崎西高等学校

プロジェクト名:Novel Subtle Acoustic Communication: Successful Elucidation of the Cryptic Ecology of Runner Plant Bugs (Hallodapus spp.) with Emphasis on Their Stridulatory Mechanisms

 

【ANIM021 動物科学部門】

ファイナリスト:中野優子

所属:三重県伊勢市立御薗中学校

プロジェクト名:Reproductive strategy for a surf clam, Chion semigranosa (Dunker) accumulating in the intertidal zone of exposed sandy beach in summer in Tsu, Mie Prefecture, Japan

 

【BCHM009T 生化学部門】

ファイナリスト:庄山隼斗・林田ももこ・山本真太朗

所属:福岡県立明善高等学校

プロジェクト名:Discovery of a Remarkable Oscillatory Color Change in the Iodine Starch Reaction during the Early Stage of Acid Hydrolysis of Potato Starch

 

【CHEM012 化学部門】

ファイナリスト:武藤美佑

所属:芝浦工業大学柏中学高等学校

プロジェクト名:Formation of Large Sized Aragonite Crystals by Using Gel Method

 

【EAEV016 地球環境科学部門】

ファイナリスト:上条藍悠

所属:長野県松本深志高等学校

プロジェクト名:Long-term visual monitoring revealed importance of sea wind in causing sudden showers in Japanese mountain basin

 

【MATS014 材料科学部門】

ファイナリスト:田中泰斗

所属:米子工業高等専門学校

プロジェクト名:Development of the Gypsum Board Materials Containing Eggshell Aiming at the Solution of Sick Building Syndrome

 

【PHYS017 物理部門】

ファイナリスト:甲斐梨花

所属:広島県立府中高等学校

プロジェクト名:Sound velocity in corrugated pipes

 

【PHYS019T 物理部門】

ファイナリスト:石河諒太郎・小勝負雄太・渡辺敬太

所属:広島大学付属高等学校

プロジェクト名:Making Microbubbles with Spiral Method

 

【PLNT014 植物科学部門】

ファイナリスト:森みのり

所属:茗渓学園高等学校

プロジェクト名:Development of the Lucky Clover: Effects of Phosphate and Auxin on the Number of Leaflets in White Clover

 

【ROBO016 ロボット工学・知能機械部門】

ファイナリスト:石山翔雲

所属:明蓬館高等学校

プロジェクト名:Extension of the disease detection method of lung using deep learning with visualization

 

※所属は2018年12月のものです。

日本サイエンスサービスでは開催期間中、現地プレスルームより、毎日インターネットを通して日本代表の最新の情報をお伝えしていく予定です。Twitter(@npo_nss)とInstagram(@npo_nss)では、写真を交えて現場の様子や情報等をリアルタイムに配信をしておりますので、そちらも御覧下さい。

 

English

During the Intel ISEF 2019, NSS will bring you the breaking news

From May 12th, MST, Intel International Science and Engineering Fair (Intel ISEF) will be held in Phoenix, Arizona. Nippon Science Service (NSS) will dispatch NSS staff to Phoenix and provide you with the breaking news. On Twitter (@npo_nss) and Instagram (@npo_nss), we share pictures that show how the finalists spend their time during the Intel ISEF. Moreover, at the end of the day, we offer you the daily news of Team Japan.

If you belong to the press, please check here.

日本語

Intel ISEF 2019開催期間中、最新情報を随時お届けします

本年もインテル国際科学技術フェア(Intel ISEF)開催が近づいてまいりました。日本サイエンスサービスでは、2019年5月12日から17日にかけて、米国アリゾナ州フェニックスで行われるインテル国際学生科学技術フェア(Intel ISEF)にて、現地にプレススタッフを派遣して、最新情報をお届けします。Twitter(@npo_nss)とInstagram(@npo_nss)では、写真とともにリアルタイムで最新のファイナリストの様子を発信しています。また、Intel ISEF情報サイト(ISEF.jp)では、開催期間中、毎日、1日のまとめを配信いたします。

報道関係の方はこちらもご覧ください。

English