« ニュース一覧へ

日本代表団出発 2006/05/07

米国インディアナ州インディアナポリスで5月7日から5月13日にかけて行われるIntel ISEF(国際学生科学技術フェア)に向けて、日本代表の生徒たちが本日成田空港を出発しました。

 本年度のISEFには、以下の5つのプロジェクトが参加します。



【環境科学部門】

幸喜未那子(沖縄県立開邦高等学校)

「もしどんどん川が汚れていったら~10年間を通して~」

【数学部門】

越野沙織(愛知県私立南山高等学校女子部)

「イラストロジックは地球を救う!」

【生物学部門】

下山せいら(埼玉県立浦和第一女子高等学校2年)

「プラナリアの摂食機構」

【コンピュータサイエンス部門】

西條晃平(東京学芸大学附属高等学校大泉校舎1年)

「KeyQRコード個人認証システム」

【団体研究部門】

笹部祐司、小林利也、奥本和寛(広島県立大門高等学校)

「液体や弦の弾性と音速」



 大会中の様子を、現地プレスルームより毎日お届けいたします。日本代表団の活躍に期待しましょう!

2006departure.jpg