« ニュース一覧へ

Intel ISEF 2014 日本代表2名が優秀賞2等を受賞! 2014/05/17

米国カリフォルニア州で開催されているIntel ISEF 2014で、優秀賞(Grand
Award)表彰式が現地時間16日午前に行われ、林靖人君(富山県立高岡高等学
校3年)と山中美慧さん(宮城県仙台第二高等学校3年)がそれぞれ優秀賞2等を
受賞しました。

林君は「ダンゴムシの左右交互に曲がる行動がどのように起こるか 〜触角
の役割からそのメカニズムに迫る〜」という研究で、動物科学部門2等賞を
受賞しました。そのときの気持ちを「名前を呼ばれるとは思っていなかった
ので、実際に呼ばれたときには信じられませんでした。」と語ってくれまし
た。山中さんは、「塩害に強いあじさいを用いた色素増感太陽電池 〜被災
地から復興へ〜」という研究でエネルギー・運輸部門2等賞を受賞しました。
彼女は「日本チームで、一緒に頑張って練習した仲間と同時に受賞できたこ
とがとてもうれしいです。」と受賞の喜びを話してくれました。

また、最高賞に当たるゴードン・ムーア賞(Gordon E. Moore Award)は、マサ
チューセッツ州のネイサン・ハンさんの「腫瘍抑制遺伝子に生じる変異の性
質の特定」が、次点にあたるインテル青年科学賞(Intel Foundation Young
Scientist Award)には、シンガポールのシャノン・リーさんの「天然由来の炭
素マイクロシートを利用した効率的な電極触媒の開発」とドイツのレナート
・クラインオートさんの「スマートフォンおよびタブレットで動作する数学
計算システム」が選ばれました。

この表彰式をもって今年のIntel ISEFも無事終了し、日本代表団は明日以降に
帰国の途につきます。

*なお、各日本語研究タイトルは国内大会受賞時のものです。

_DSC4412.jpg
_DSC9485.jpg
IMG_1106.jpg