« ニュース一覧へ

Intel ISEF 2015 セットアップ完了、オープニングセレモニー 2015/05/11

_DSC2771.jpgDSC01352.jpgDSC01373.jpgDSC02933.jpgIMG%207792.jpg米国ペンシルベニア州ピッツバーグで開催されているIntel ISEF 2015は、2日目を迎えました。

午前中、ファイナリストたちはポスターの設営や発表練習を行ない、審査本番に向けて有意義な時間を過ごしていました。事前の展示物検査には全員が通過し、安堵の表情を見せていました。大阪府立千里高校のブースに、ノーベル化学賞受賞者の Kroto 博士が通りかかり、山根君と西田君の説明に耳を傾け、二人を激励するという一幕もありました。

夕方、ディナーの後に行われたオープニングセレモニーでは、スタントグループによるパフォーマンスが行われたほか、カーネギーメロン大学准教授で、Duolingo 共同設立者兼CEOの Luis Von Ahn 氏の講演がありました。

各国・地域の代表が自作のパネルを掲げて壇上へと駆け上がるアピールタイム"シャウトアウト"では、平坂さん、市毛君、上田君の3名が日本をアピール。また、重松さん、土田君、松井さんが出演するショートムービーがステージのスクリーンに映し出されました。

明日12日は、ノーベル賞受賞者を招いてのパネルディスカッションのほか、ファイナリストの歓迎パーティーが予定されています。

Twitter(https://twitter.com/npo_nss)では、現場の様子や情報等を写真を交えてリアルタイムに配信をしておりますので、そちらも御覧下さい。