« ニュース一覧へ

国際学生科学技術フェア(Intel ISEF) 2016 日本代表向け研修会を開催 2016/03/27

1.jpg2.jpg3.jpg5.jpg

3月24日から27日にかけて、国際学生科学技術フェア(Intel ISEF)2016に日本代表として派遣される高校生のための研修会を、インテルつくば本社とJST(国立研究開発法人 科学技術振興機構)東京本部にて実施しました。日本サイエンスサービス(NSS)は、研修プログラムの企画立案ならびに、ISEF経験者としての視点からファイナリストにアドバイスを行いました。

研修会に参加したファイナリストは、第59 日本学生科学賞とJSEC2015で受賞し、5月にアリゾナ州フェニックスで開催される国際学生技術フェア(Intel ISEF)2016年大会に日本代表として派遣される高校生27名です。

研修会では、過去のISEF参加者による大会の説明や、ネイティブスピーカーの講師による英語のチェック、研究内容に関するNSSスタッフとの議論などを通して、ファイナリストのスキルアップを図りました。

最終日には、本番同様にすべて英語でプレゼンテーションと質疑応答を実施。ネイティブスピーカーやNSSスタッフからのフィードバックを得て、各プロジェクトが渡米までに克服すべき課題を明確にすることができたようです。

研修プログラムの結びとして、2016年派遣団の結団式を挙行しました。国立研究開発法人 科学技術振興機構 副理事 渡辺美代子様、インテル株式会社 取締役副社長 宗像義恵様より、日本代表生徒に対する激励のお言葉をいただきました。さまざまな方からの期待を背負い、ファイナリストたちは世界の舞台での活躍をそれぞれの胸に誓ったことと思います。彼らがIntel ISEFを最大限に楽しみ、素晴らしい成果とともに帰国してくることを心から願ってやみません。

nss finalist.jpg

なお、国際学生科学技術フェア (Intel ISEF) 2016の模様は、開催期間中の現地プレスルームより速報を会員および関係機関に配信するとともに、こちらのISEF情報サイト(http://isef.jp/)にてリリースを行う予定です。

参加スタッフ 26名