Intel ISEF 2019 日本代表の3プロジェクトが部門優秀賞を受賞

アメリカ山岳部時間の5月17日の朝、Intel ISEF 2019のGrand Award CeremonyがPhoenix Convention Centerで行われました。

日本代表の6名、計3プロジェクトが部門優秀賞を受賞しました。受賞した3プロジェクトは次の通りです。

 

動物科学部門 優秀賞2 等

プロジェクト名: Bird Environmental DNA from the Air

ファイナリスト名: 岡本優真・塚本颯

所属: 静岡県立掛川西高等学校

 

材料科学部門 優秀賞3等

プロジェクト名: Development of the Gypsum Board Materials Containing Eggshell Aiming at the Solution of Sick Building Syndrome

ファイナリスト名: 田中泰斗

所属: 米子工業高等専門学校

 

動物科学部門 優秀賞4等

プロジェクト名: Novel Subtle Acoustic Communication: Successful Elucidation of the Cryptic Ecology of Runner Plant Bugs (Hallodapus spp.) with Emphasis on Their Stridulatory Mechanisms

ファイナリスト名: 玉田結唯・宮崎文那・日南瑶

所属: 長崎県立長崎西高等学校

 

また、Intel ISEF 2019の全プロジェクトのうち、最も優れているプロジェエクトに与えられるゴードン・ムーア賞(The Gordon E. Moore Award)と、次点のプロジェクト2点に与えられるインテル青年科学者賞(Intel Foundation Young Scientist Award)には、次の3プロジェクトが選ばれました。

 

ゴードン・ムーア賞

プロジェクト名(原題): Utilizing Computer Vision and Machine Learning Systems to Develop a Live Time Navigational and Surgical Aid for Spinal Reconstructions

プロジェクト名(和訳): コンピュータービジョンと機械学習システムを使った背骨再建のためのリアルタイムで稼働する外科手術ナビゲーション補助器具の開発

ファイナリスト名: Krithik Ramesh

出場国: アメリカ

 

インテル青年科学者賞

プロジェクト名(原題): Modeling Neurodegeneration in vitro: A Dynamic Study of Tau in a Microfluidic Chamber System via Quantum Dot Labeling

プロジェクト名(和訳): In vitro神経変性のモデル化:量子ドットラベリングを用いたマイクロ流体チャンバーにおけるタウタンパク質の動的研究

ファイナリスト名: Allison Sihan Jia

出場国: アメリカ

 

プロジェクト名(原題): Bioinspired Submersible Dual Propulsion System: A Novel Approach to Ultra-Efficient Submarine Propulsion Utilizing Starting and Stopping Vortex Rings Mirroring Jellyfish Motion

プロジェクト名(和訳): 生物模倣による潜水用二重推進システム: クラゲの運動時にできる進行・停止の渦輪を利用した高効率な潜水艦の推進システムに対する新しいアプローチ

ファイナリスト名: Rachel M. Seever

出場国: アメリカ

 

さらに、今回はIntelがタイトルスポンサーを務める最後の大会ということで、“Craig R. Barrett Award for Innovation”が新設されました。

この賞は、STEM教育における革新を促進した研究に与えられます。今回の受賞者は、以下の1プロジェクトとなりました。

 

Craig R. Barrett Award for Innovation

プロジェクト名(原題): A Novel, Noninvasive Approach to Melanoma Diagnosis Using Optical Coherence Tomography and Bioconjugated Gold Nanoparticles

プロジェクト名(和訳): 生体共役反応させた金ナノ粒子と光干渉断層撮影を使った黒色腫の新しい非侵襲性診断へのアプローチ

ファイナリスト名: Shriya Reddy

出場国: アメリカ

 

この表彰式をもって今年のIntel ISEF、さらにIntelがタイトルスポンサーを務めるISEFが終了します。来年度はISEF 2020。米国カリフォルニア州アナハイムでの開催となります。日本代表は現地時間の明日以降、帰国の途につく予定です。

 

日本サイエンスサービスではIntel ISEF開催期間中、現地プレスルームより、毎日インターネットを通して日本代表の最新の情報をお伝えしています。

ISEF情報サイト(isef.jp)では写真付きの記事をご紹介しております。

Twitter(https://twitter.com/npo_nss)とInstagram(https://www.instagram.com/npo_nss/)では、写真を交えて現場の様子や情報等をリアルタイムに配信をしておりますので、そちらも御覧下さい。

Intel ISEF 2019 一般公開・特別賞表彰式 日本代表3プロジェクトが特別賞を受賞!

米国アリゾナ州フェニックスで開催中のIntel ISEF2019で、日本代表が特別賞を受賞しました。特別賞を受賞した3プロジェクトは以下の通りです。

アメリカ気象学会賞3等

プロジェクト名: Long-term visual monitoring revealed importance of sea wind in causing sudden showers in Japanese mountain basin

ファイナリスト名: 上条 藍悠

所属: 長野県松本深志高等学校

 

アメリカ音響学会賞1 等

プロジェクト名: Novel Subtle Acoustic Communication: Successful Elucidation of the Cryptic Ecology of Runner Plant Bugs (Hallodapus spp.) with Emphasis on Their Stridulatory Mechanisms

ファイナリスト名: 玉田結唯・宮崎文那・日南瑶

所属: 長崎県立長崎西高等学校

 

アリゾナ大学賞 奨学金

プロジェクト名: Bird Environmental DNA from the Air

ファイナリスト名: 岡本優真・塚本颯

所属: 静岡県立掛川西高等学校

アリゾナ大学賞は、4年間アリゾナ大学に通うための授業料が提供される奨学金制度で、奨学金の特別賞を受賞したのは日本代表史上初です。

 

アメリカ気象学会賞を受賞した上条藍悠さんは、受賞を受けて「これまで関わってくださった方々、本当にありがとうございました。」と語ってくれました。

アメリカ音響学会賞を受賞した玉田結唯さん・宮崎文那さん・日南瑶さんらの3人は、表彰式後「自分たちの研究成果に興味を持ってもらえてとても嬉しいです。いままで応援してくださった方々に感謝の気持ちを伝えたいです。」と語ってくれました。

アリゾナ大学賞を受賞した、岡本優馬さん・塚本颯さんらの2人は、受賞の証書を手に、「自分たちが今まで積み上げてきたものが成果として出て嬉しいです。支えてくださった方々には本当に感謝したいです。」と語ってくれました。

表彰式に先立ち午前中は、ファイナリストによる研究発表の一般公開が行われ、科学に興味を持つ人や地元の小中学生などの一般参加者が多数来場しました。法被や浴衣などを着た日本のファイナリストのブースには、多くの人が訪れていました。本審査とは異なり、一般の方々に対してわかりやすく簡潔に説明する必要がありますが、この数日の間に英語で質疑応答をすることにも慣れたためか、研究のプレゼンそのものを楽しんでいるようでした。研究に感心してくれる来場者の方が大変多く、ファイナリストにとっても励みになったのではないかと思います。

明日はグランドアワードの表彰式が行われます。グランドアワードの表彰式は、SSPのFacebookアカウント(https://www.facebook.com/societyforscience/videos/448364579072777/)でライブ中継されます。日本時間5/17の25:00からスタートします。

日本サイエンスサービスでは開催期間中、現地プレスルームより、毎日インターネットを通して日本代表の最新の情報をお伝えしています。

ISEF情報サイト(isef.jp)では写真付きの記事をご紹介しております。

Twitter(https://twitter.com/npo_nss)とInstagram(https://www.instagram.com/npo_nss/)では、写真を交えて現場の様子や情報等をリアルタイムに配信をしておりますので、そちらも御覧下さい。

Intel ISEF 2019 審査会当日

米国アリゾナ州フェニックスで開催されているIntel ISEF 2019は本日で4日目となり、本審査会当日を迎えました。

審査直前には、現地の通訳の方と発表の打ち合わせを兼ねた朝食会があり、各々内容のすり合わせを行いました。本審査会は、ファイナリストと通訳、審査員だけが入場できるという厳重なセキュリティ体制の中、朝8:00から夕方16:15にかけて行われました。ファイナリスト達は、英語で審査員に対してプレゼンしたりディスカッションしたりすることに難しさも感じたようでした。しかし、質問された内容が分からなかったときは聞き返したり言葉を変えてもらったりし、しっかり対応できたようです。想定外の質問は特に無く、たくさん考えた想定質問が役立ったとの声もあり、これまでの準備が報われたようで良かったです。緊張した様子で会場入りしていったファイナリストでしたが、審査終了後には、十分やり切ったという表情で帰ってきたのが印象的でした。

審査会終了後の夜はファイナリスト限定のミキサーイベントが行われ、ダンスパーティーや様々なゲームを楽しんだようです。審査後の疲れもある中、ファイナリスト達は普段経験することのない刺激的な時間をそれぞれ過ごしました。

明日は一般公開日となり、誰でも自由にファイナリストの研究発表を聞くことができます。また明日16日には特別賞の表彰式が、明後日17日には優秀賞の表彰式が行われ、審査結果が発表されます。

日本サイエンスサービスでは開催期間中、現地プレスルームより、毎日インターネットを通して日本代表の最新の情報をお伝えしています。Twitter(https://twitter.com/npo_nss)とInstagram(https://www.instagram.com/npo_nss/)では、写真を交えて現場の様子や情報等をリアルタイムに配信をしておりますので、そちらも御覧下さい。

Intel ISEF 2019 ウェルカムイベントに参加

米アリゾナ州フェニックスで行われているIntel ISEF 2019は3日目を迎えました。 この日は審査を控えた前日です。ブースが完成した状態で午前中にメディア向けの内覧会が行われました。数名のファイナリストが海外メディアの取材に対応し、意気込みや研究についての説明等を行いました。また、ブース前でのプレゼン練習や、通訳の方との打ち合わせを行い、明日の審査に向けて最終調整を行いました。

お昼には、21人の日本代表ファイナリスト全員が集結し、昼食会が行われました。大会が始まってから、久しぶりに日本代表が一堂に会することができたので、ファイナリストたちもリラックスすることができたと思います。

午後には、現在様々な分野で活躍しているISEFのOB/OGや、ノーベル賞受賞者によるパネルディスカッションが行われました。

夕方からはファイナリストのウェルカムイベントとして、チェイス・フィールドで開催されたメジャーリーグの野球の試合、ピッツバーグ・パイレーツ対アリゾナ・ダイヤモンドバックスにIntel ISEF参加者全員が招待されました。ファイナリスト達は、4本ものホームランが出る大迫力の試合を楽しみました。

明日15日はいよいよ審査会本番です。午前8時から16時まで、長時間の審査が行われます。

日本サイエンスサービスでは開催期間中、現地プレスルームより、毎日インターネットを通して日本代表の最新の情報をお伝えしています。Twitter(https://twitter.com/npo_nss)とInstagram(https://www.instagram.com/npo_nss/)では、写真を交えて現場の様子や情報等をリアルタイムに配信をしておりますので、そちらも御覧下さい。

Intel ISEF 2019 セットアップ完了 オープニングセレモニー

米国アリゾナ州フェニックスで開催されているIntel ISEF 2019は、2日目を迎えました。 午前中、ファイナリストたちは各々のポスターのセットアップを完了させ、審査会に向けたプレゼンテーションの練習を行いました。審査員により自分たちの研究をアピールできるように、研究発表の改善に取り組んでいました。通訳の方と念入りに打ち合わせをしたり、海外のファイナリストに発表を聞いてもらったりする様子が見られました。

夕食を終えた後に行われたオープニングセレモニーでは、スクリーンのエフェクトに動きを合わせた華やかなダンスパフォーマンスが行われたほか、1998-1999年のISEF出場者であり、ゲノム編集の第一線で活躍するFeng Zhang博士による講演が行われました。

恒例の各国代表がパネルをもって壇上に駆け上がるアピールタイム”シャウトアウト”では、日本チームを代表して、石河諒太郎さん、甲斐梨花さん、森凛太郎さんの3名が代表としてステージへと上がり、映像には岡本優真さん、林田ももこさん、吉田昭音さんが出演しました。

明日は、現在様々な分野で活躍しているISEFのOB/OGや、ノーベル賞受賞者を招いてのパネルディスカッションのほか、ファイナリストの歓迎イベントが予定されています。

日本サイエンスサービスでは開催期間中、現地プレスルームより、毎日インターネットを通して日本代表の最新の情報をお伝えしています。

Twitter(https://twitter.com/npo_nss)とInstagram(https://www.instagram.com/npo_nss/)では、写真を交えて現場の様子や情報等をリアルタイムに配信をしておりますので、そちらも御覧下さい。

Intel ISEF 2019 日本代表団 フェニックスに無事到着 ピンバッジ交換会で各国の代表と交流

Intel ISEF(国際学生科学技術フェア)2019が、米国アリゾナ州フェニックスにて5月12日から17日(現地時間)にかけて開催されます。本大会に出場するファイナリスト21名は無事に現地に到着しました。ファイナリスト同士もかなり打ち解けた様子が見られ、彼らの期待に満ちた表情はとても頼もしいものでした。

ファイナリストは、Intel ISEF 2019の会場であるフェニックス・コンベンションセンターに到着。大会の規模に圧倒されつつもポスターのセットアップを開始しました。

その後、ファイナリストたちはウェルカムイベントであるピンバッジ交換会に参加。法被を着て日本をアピールしながら各国の代表と英語で会話し、ピンバッジや様々なお土産、連絡先などを交換して親睦を深めることができたようです。中には150個以上のピンバッジをすべて交換しきったというファイナリストもいました。交換会の前は長旅とポスターセットアップの疲れが表情に出ていましたが、終了後には非常に満足した楽しそうな表情で戻って来てくれたのが印象的でした。

明日は各々でポスターセットアップの続きを行い、夜にはオープニングセレモニーが開催されます。

 

日本サイエンスサービスでは開催期間中、現地プレスルームより、毎日インターネットを通して日本代表の最新の情報をお伝えしています。Twitter(https://twitter.com/npo_nss)とInstagram(https://www.instagram.com/npo_nss/)では、写真を交えて現場の様子や情報等をリアルタイムに配信をしておりますので、そちらも御覧下さい。

Intel ISEF 2019日本代表団が日本時間12日に米国アリゾナ州フェニックスに向け出発

Intel ISEF (国際学生科学技術フェア) 2019が、米国アリゾナ州フェニックスで現地時間12日に開幕されます。大会は17日まで6日間の日程で開催。開催期間中は研究の審査だけでなく、世界中のファイナリスト達と交流することを目的とした数多くのイベントが開催されます。

 

Intel ISEF 2019には、日本国内の提携フェアである、高校生科学技術チャレンジと日本学生科学賞で選抜された、以下の21名、計12プロジェクトが日本代表として参加します。

 

【ANIM011T 動物科学部門】

ファイナリスト:森凛太郎・小林達・吉田昭音

所属:安田学園高等学校

プロジェクト名:Adaptive significance of the experimentally obtained diploid male fertility in the Japanese bumblebee Bombus ignitus with complementary sex determination

 

【ANIM015T 動物科学部門】

ファイナリスト:岡本優真・塚本颯

所属:静岡県立掛川西高等学校

プロジェクト名:Bird Environmental DNA from the Air

 

【ANIM016T 動物科学部門】

ファイナリスト:玉田結唯・宮崎文那・日南瑶

所属:長崎県立長崎西高等学校

プロジェクト名:Novel Subtle Acoustic Communication: Successful Elucidation of the Cryptic Ecology of Runner Plant Bugs (Hallodapus spp.) with Emphasis on Their Stridulatory Mechanisms

 

【ANIM021 動物科学部門】

ファイナリスト:中野優子

所属:三重県伊勢市立御薗中学校

プロジェクト名:Reproductive strategy for a surf clam, Chion semigranosa (Dunker) accumulating in the intertidal zone of exposed sandy beach in summer in Tsu, Mie Prefecture, Japan

 

【BCHM009T 生化学部門】

ファイナリスト:庄山隼斗・林田ももこ・山本真太朗

所属:福岡県立明善高等学校

プロジェクト名:Discovery of a Remarkable Oscillatory Color Change in the Iodine Starch Reaction during the Early Stage of Acid Hydrolysis of Potato Starch

 

【CHEM012 化学部門】

ファイナリスト:武藤美佑

所属:芝浦工業大学柏中学高等学校

プロジェクト名:Formation of Large Sized Aragonite Crystals by Using Gel Method

 

【EAEV016 地球環境科学部門】

ファイナリスト:上条藍悠

所属:長野県松本深志高等学校

プロジェクト名:Long-term visual monitoring revealed importance of sea wind in causing sudden showers in Japanese mountain basin

 

【MATS014 材料科学部門】

ファイナリスト:田中泰斗

所属:米子工業高等専門学校

プロジェクト名:Development of the Gypsum Board Materials Containing Eggshell Aiming at the Solution of Sick Building Syndrome

 

【PHYS017 物理部門】

ファイナリスト:甲斐梨花

所属:広島県立府中高等学校

プロジェクト名:Sound velocity in corrugated pipes

 

【PHYS019T 物理部門】

ファイナリスト:石河諒太郎・小勝負雄太・渡辺敬太

所属:広島大学付属高等学校

プロジェクト名:Making Microbubbles with Spiral Method

 

【PLNT014 植物科学部門】

ファイナリスト:森みのり

所属:茗渓学園高等学校

プロジェクト名:Development of the Lucky Clover: Effects of Phosphate and Auxin on the Number of Leaflets in White Clover

 

【ROBO016 ロボット工学・知能機械部門】

ファイナリスト:石山翔雲

所属:明蓬館高等学校

プロジェクト名:Extension of the disease detection method of lung using deep learning with visualization

 

※所属は2018年12月のものです。

日本サイエンスサービスでは開催期間中、現地プレスルームより、毎日インターネットを通して日本代表の最新の情報をお伝えしていく予定です。Twitter(@npo_nss)とInstagram(@npo_nss)では、写真を交えて現場の様子や情報等をリアルタイムに配信をしておりますので、そちらも御覧下さい。

 

English

Intel ISEF 2019開催期間中、最新情報を随時お届けします

本年もインテル国際科学技術フェア(Intel ISEF)開催が近づいてまいりました。日本サイエンスサービスでは、2019年5月12日から17日にかけて、米国アリゾナ州フェニックスで行われるインテル国際学生科学技術フェア(Intel ISEF)にて、現地にプレススタッフを派遣して、最新情報をお届けします。Twitter(@npo_nss)とInstagram(@npo_nss)では、写真とともにリアルタイムで最新のファイナリストの様子を発信しています。また、Intel ISEF情報サイト(ISEF.jp)では、開催期間中、毎日、1日のまとめを配信いたします。

報道関係の方はこちらもご覧ください。

English

Intel ISEFに向けて研修会をグーグル合同会社にて実施

3月26日から3月28日にかけて、グーグル合同会社にて国際学生科学技術フェア(Intel ISEF)2019に日本代表として派遣される高校生たちを対象とした研修会を実施しました。ファイナリストたちは、昨年12月に開催された第16回高校生科学技術チャレンジ(JSEC2018)と第62回日本学生科学賞にて各々の研究成果を評価され、日本代表として選抜された高校生たちです。彼らは2019 年5月12日から17日にかけて米国アリゾナ州フェニックスで開催されるIntel ISEF 2019に出場します。

ファイナリスト研修会開幕!
ファイナリストの研究発表
ファイナリストの研究発表
ファイナリストの研究発表

日本サイエンスサービス(NSS)は、本研修会の企画立案や、英語プレゼンテーションの指導や質疑応答の対策など、過去のISEF出場者としての経験を生かしたアドバイスを行いました。また、本研修会にあたり、GoogleのスタッフとEnterprise Training Group(ETG)のスタッフ方にもご協力いただきました。

ETGトレーナーとディスカッションするファイナリスト

Intel ISEFにおいてもっとも重視されるのは研究のプレゼンテーションです。もちろん研究内容も大事な評価基準ですが、プレゼンテーションにはさまざまな評価基準の中で一番多くのポイントが割り当てられています。しかし、発表時間は審査員一人当たり15分と、出場者たちが1年かけて行なってきた研究成果を全て伝えるにはあまりにも短い時間しかありません。その短い時間でいかにどれだけの内容を伝えられるか。本研修会ではこの点を重視し、ファイナリストたちが効果的に内容を伝えられるようなプレゼンテーションを作成する手助けを行いました。

Googleのスタッフにファイナリストが自分の研究を説明する姿も
NSSのスタッフに指導を受けるファイナリスト達
チームでプレゼン内容を相談中
NSSのスタッフと話をして内容を考えるファイナリスト
プレゼン内容を考える

ファイナリストたちが作成するプレゼンテーションが少しでもいいものとなるように、NSSからはプレゼンテーションの方法はもちろん、Intel ISEFにおける審査基準や、見やすく、わかりやすいポスターの制作方法、質疑応答対策などの説明を行ないました。また、Intel ISEF 2017と2018の参加者たちから、発表時に使えるツールの紹介も行いました。ファイナリスト達は全てが初めてで混乱することも多い中、それぞれの話題に、時にはメモを取り、時には質問しながら、耳を傾けていました。

効果的な質疑応答対策
プレゼンで役立つツールの説明
真剣に説明を聞くファイナリスト

また、Googleの社内見学や社員と交流し質問をするなど、充実した時間を過ごしました。

Googleの受付にて

最終日には、Googleスタッフ、ETGトレーナー、NSSスタッフを相手に、最初から最後まで英語を使ったプレゼンテーションと質疑応答を行いました。発表をするだけでなく、スタッフ達からのフィードバックを真摯に受け止め、それぞれが課題点を見つけ出していました。

最終日は英語でスタッフ達にプレゼンを行う
ETGトレーナーからフィードバックを受ける

研修会の最後には、NSSスタッフの進行の下、科学技術振興機構、Googleの来賓を迎え、Intel ISEF 2019派遣団の結団式を行ないました。3日間の研修会を全力で乗り切ったファイナリスト達は、どこか達成感に溢れた顔つきをしていました。Intel ISEFまでの2ヶ月弱を各々の課題と向き合い、できることは全てやりきったと言い切れるだけの自信を持って、心の底からIntel ISEFを楽しんでくれることを祈っています。

3日間お世話になったETGトレーナーのみなさま
3日間の研修が終わってファイナリストも少しホッとした様子
袋の中身は???
ISEFまであと1ヶ月半!

参加ボランティア:18名

Intel ISEF 2018 日本代表11名が計6つの部門優秀賞を受賞!!

 

米国ペンシルベニア州ピッツバーグで開催されているIntel ISEF 2018で、優秀賞(Grand Award)表彰式が現地時間18日午前に行われました。

日本代表11名が計6つの部門優秀賞を受賞し、日本代表として過去最多となりました。

 岐阜県立岐阜高等学校3年の土田康太さん、坂井雄祐さん、都竹優花さんが動物科学部門の優秀賞 2等を受賞しました。研究タイトルは「A Method Combining Geographic Information Systems and Environmental DNA Reveals Hidden Populations of the Endangered Japanese Clouded Salamander, Hynobius nebulosus.」です。

慶應義塾大学1年(佼成学園高等学校出身)の井川恭平さんが動物科学部門の優秀賞 3等を受賞しました。研究タイトルは「Evolution of aphid species due to host plant preference」です。

香川大学1年の太田千尋さん、お茶の水女子大学1年の霜山菜都乃さん(ノートルダム清心学園 清心女子高等学校出身)が微生物学部門の優秀賞 4等を受賞しました。研究タイトルは「Screening of Yeasts in Azalea Nectar for Bioethanol Production」です。

金光学園高等学校(金光学園中学・高等学校)3年の上川滉太さんが物理天文学部門の優秀賞 4等を受賞しました。研究タイトルは「Three-Dimensional Trajectories of 2016 Perseid Meteors Over West Japan Obtained through Multi-Site Observations」です。

熊本県立宇土高等学校3年の成松紀佳さん、小佐井彩花さん、高田晶帆さんが物理天文学部門の優秀賞 4等を受賞しました。研究タイトルは「Whether Insects See Anomalous Images Located Near a Lens or Not? Verification of Lens Equations for Anomalous Images and Application of the Simple Eye of an Insect」です。

埼玉県立川越女子高等学校2年の岡野美聡さんが植物科学部門の優秀賞 4等を受賞しました。研究タイトルは「Streaks on the Flowers of the Morning Glory, Pharbitis nil, Promote Water Absorption by the Flower and Play a Critical Role in Flower Blooming」です。

 また、最高賞に当たるゴードン・ムーア賞(Gordon E. Moore Award)はオーストラリア代表のOliver Nichollsさんによる「Autonomous Window Cleaning Robot for Commercial High Rise Buildings(高層ビルの窓清掃自律型ロボット)」が、次点にあたるインテル青年科学者賞(Intel Foundation Young Scientist Award)には、米国代表のDhruvik Parikhさんによる「A Novel Sol-Gel Derived SPEEK/Silicon Dioxide Composite Membrane for the Vanadium Redox Flow Battery(バナジウムレドックスフロー電池のための、新規ゾルーゲル法を用いたスルホン化ポリエーテルエーテルケトン/二酸化ケイ素合成膜)」と、同じく米国代表のMeghana Bollimpalliさんによる「Green Synthesis Phosphorous, Nitrogen Co-Doped Carbon Materials from Renewable Resources for Supercapacitor Applications via Microwave Assisted Technique(再生可能資源によるスーパーキャパシタのためのリン・窒素共添加炭素素材のマイクロ波を用いた環境に優しい合成法)」が選ばれました。

この表彰式をもって今年のIntel ISEFも無事終了し、日本代表団は明日以降に帰国の途につきます。

Twitter(https://twitter.com/npo_nss)では、写真を交えて現場の様子や情報等をリアルタイムに配信をしておりますので、そちらも御覧下さい。